当院のご案内

立川市若葉町にある助産院です。
産前・出産・産後を通じて、みなさんと様々な取り組みをしています。
助産院でのお産に興味のある方は勿論、産婦人科を選択される方も、ご相談やおっぱいケアなどお気軽にご相談ください。

概要

名称
まんまる助産院
事業内容
妊婦検診・分娩・産後入院・おっぱいケアなど
所在地

立川市若葉町2-1-1
TEL/FAX
042-534-9877
院長
椎野まりこ
営業時間
月~土曜(祝日を除く)10:00~17:00
椎野まりこ

略歴

1997年2月
小平市で開業(旧マーティー助産院)
2004年6月
立川市曙町に移転
2008年11月
立川市若葉町に移転し現在に至る
※総出産件数 900件以上(2014年6月現在)
聖路加国際大学・上智大学・高崎市医師会看護専門学校・三育学院大学他、研修指定施設
まんまる助産院地図

アクセス・連絡先

〒190-0001 東京都立川市若葉町2-1-1
TEL・FAX: 042-534-9877
info@manmaru-jyosanin.com
>GoogleMapで見る

・ JR立川駅北口、国立駅北口より「けやき台団地行き」バスにて、けやき台団地下車、徒歩5分。
・ 駐車場2台

院内マップ

ケアルーム案内

まんまる助産院ケアルーム

鍼灸、テルミー、アロママッサージ・・・プロの手による至福のケアを受けることができるケアルーム。
心身のケアこそが妊婦さんが自分を見つめて、磨いて、豊かな出産へと繋がっていく大切なこと。産前、検診のついでに、産後もまーるで保育をお願いして育児の元気を養っていただいています。
お母さまや旦那様にも好評です。

■料金:¥3000~
■予約:まんまる助産院まで(042-534-9877)
■受けられる方:まんまる助産院で出産・妊娠・クラスに参加されたことのある方。そのご家族。(それ以外の方はお問い合わせください)

(主に月曜日)
不定期
波紋・セッション エサレンマッサージ・黄土よもぎ蒸し ※スペシャルデー 鍼灸 骨格骨盤矯正 テルミー
Telespiarna
山口けいこ
LINK
佐々木恭子
LINK
さいこ堂 さえ
LINK
増田奈緒美

※井口さんのガルシャナ・アロマタッチなど、ケアメンバーのスペシャルプログラム。随時、ブログでお知らせします。


実績

【受賞歴】

・2014年11月
『多摩ブルー・グリーン賞』経営部門 グリーン賞 優秀賞
・2014年7月
『村松志保子助産師顕彰会』特別賞

クーヨンのびやかな妊娠・出産/たまごクラブ

【メディア掲載】

・2015年5月20日
毎日新聞  朝刊・多摩版
だいあろ~ぐ 東京彩人記「『野性の力で』企画次々」
・2015年4月6日
読売新聞  朝刊・多摩版
たま人「『楽しい出産』企画次々」
・2015年3月31日
朝日新聞  朝刊・多摩版
明日のために働くということ『野性の本能引き出す手助け』
・2015年4月1日
たま ら・び87号
『ドラマな一枚』
・2015年2月
AERA with Baby(スペシャル保存版)
P93~95
「理想のお産ができなかった私たち~振り返ることで前に進めました」
P140~141
「次の出産・妊娠に向けてスタート!」
・2015年3月5日
日経産業新聞
医療・介護最前線『生活習慣から産み方指導』
・2015年2月
AERA with Baby(スペシャル保存版)
P93~95
「理想のお産ができなかった私たち~振り返ることで前に進めました」
P140~141
「次の出産・妊娠に向けてスタート!」
・2014年12月
たまごクラブ(12月号)  P78~P85
監修「妊娠16週を過ぎたらママ&ベビーのためにコレ、やっておこう!!」
・2014年9月24日
J:com
「OH!Sun(産)day!」の様子とインタビュー
・2014年9月20日
東京新聞
インタビュー記事「お産 身近に感じて」
・2014年9月19日
読売新聞
「お産を考えるイベント」
・2014年8月
リビング多摩
編集長インタビュー「出産は楽しい体験。野生をみがいて自分らしいお産と向き合ってほしい」※WEB版も
・2014年7月
たべ研新聞7月号
インタビュー「自分も生まれる お産を楽しむ」
・2013年11月
たまごクラブ(11月号)  P114~121
「今年の冬は“冷え”ゼッタイ撲滅!!」
・2013年10月
たまごクラブ(10月号) 
付録「妊婦だもの 胎教をしよう」P39「インチャワーク」
・2013年10月
AERA with Baby (10月号)  P89~91
“バースレビュー”のすすめ「お産を振り返ることで前にすすめました」
・2013年06月
.たまごクラブ(6月号)  P196~199
「たまご医学辞典 妊娠ブルー/マタニティーブルーズ」
・2013年01月
たまごクラブ(1月号)  P72~83
「絶対やること 完全✩見通しガイド」 監修
・2012年10月
たまごクラブ(10月号)  P52~65
「安産習慣始めよう!」監修
・2012年09月
クーヨン  のびやかな妊娠・出産  P60
「ごはんがおいしい助産院」
・2012年01月
たまごクラブ(1月号)  P128~129
「安産によくてあったまる 助産院が教えてくれたおすすめ冬レシピ」
・2008年09月
朝日新聞  Weekly AERA  P48~51
「高尾山登って安産しよう」

お産を楽しむ本

【書籍】

・2014年03月
「お産を楽しむ本」~どこで産む人でも知っておきたい野生のみがき方~
伝えた人:椎野まりこ/書いた人:上原有砂山/発行所:一般社団法人農村漁村文化協会

【講師歴】

・2012年4月~現在
上智大学総合人間科学部看護学科   非常勤講師(院長 椎野)
・2015年2月15日
料理講習会「野菜類を主体で『重ね煮』料理を味わってみよう
主催:三多摩たべもの研究会(調理スタッフ 大泉・難波)

【講演】

・2015年6月7日
「森のようちえんカフェ」トークイベント
主 催:森のようちえん全国ネットワーク
共 催:森のようちえん 谷保のそらっこ/会場:くにたちはたけんぼ
テーマ「子どもも大人も野性をみがこう ~生まれる生きる森のようちえん~」
・2014年11月16日
「生きものであることを思いだす」
主催:ヤナギコーヒー/会場:ヤナギコーヒー
・2014年11月16日
「女性の妊娠、出産 今できること、次の世代に伝えること」
主催:三多摩たべもの研究会・たべ研/会場:国分寺労政会館第5会議室
・2014年9月20日
「特別授業 まんまるお産がっこう」
主催:OH!Sun(産)day!(まんまる助産院×やぼろじ)/会場:やぼろじ
・2014年8月7日
「お産やおんなのからだについての話をきこう!はなそう!」
主催:ほっと・hot・むら企画/会場:内藤地域センター
・2014年2月
「しあわせスイッチがOnになる温フェスティバル」
主催:まんまる助産院/会場:旭通りコミュニティ
・2013年11月29日
第16回ブルーム交流カフェ
主催:多摩信用金庫/後援:公益財団法人東京都中小企業振興公社・東京都商工会連合会・国立市・国立市商工会
 講演テーマ「お産の楽しさ・喜びを伝える助産院」

【まんまる助産院 主催イベント】
※集客100名以上のイベントのみ記載

・2014年9月20日
OH!Sun(産)day!(まんまる助産院×やぼろじ)
「産む・産まれる」をテーマにしたやぼろじとの共同開催イベント
参加者:1000名
・2014年02月2日
「~しあわせスイッチがOnになる温フェスティバル~
まきちゃん先生の冷えとり勉強会&まんまる市場」
講師:吉村 真紀先生
参加者:120名
・2013年07月13日
「Dr.小西の 病は気からを、科学する」講演会
西洋医学と心のケアの統合治療を行う「小西統合医療内科」小西康弘先生の講演会
講師:小西 康弘先生
参加者:100名

助産師研修制度

まんまる助産院助産師

まんまる助産院では、助産師研修制度を実施しています。
助産院の開業を目指している方はもとより、
助産院のエッセンスを学び病院での仕事に活かしたい方、進路に迷っている方など、
各自のニーズに応えることも可能ですのでご相談ください。

対象
助産師
※看護師の方応相談

内容
「まんまるお産がっこう」の受講(まんまるお産学校参照)
分娩・妊婦健診等の見学 (状況に応じて、分娩の見学は出来ない場合もあります)
個別カウンセリング

受講スケジュール
まんまるお産学校の15講座(ひだまりごよみ参照)に合わせて通院してください。
講座の前後に、健診の見学及び個別カウンセリングなどを行います。

【通院の場合】
まんまるお産学校の開講日に合わせて、各自のスケジュールをたて、1年以内に修了してください。
【宿泊の場合】
1ヶ月間集中してほぼ毎日受講し、修了することも可能です。 地方の方などの場合には助産院の宿泊施設を使用(1泊2,000円)していただくことも可能ですので、ご相談ください。
(入院で部屋が埋まっている時にはご遠慮いただくこともあります)

料金
15万円(1日1万円×15日)
※研修受講生が後日再受講する場合には、半額にて受講可能です。
本文トップへ